竹島さんちのブログ。

神奈川県川崎市の武道具専門店【竹島武道具】の竹島さんが書くブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

◆新作甲手◆ついに発売!!

以前ブログでお話していた、竹島武道具開発の武骨シリーズ新作甲手



ついに発売日が決定致しました!!
↑新発売↑(●^Д^●)乂(●^Д^●)↑新発売↑







今回のブログは新作甲手の詳細・発売日の発表とともに、
新作甲手開発者の竹島武道具Sさんに、この甲手が完成するまでのお話をしてもらおうと思います(o´∀`)ノ









~Sさんより~




この新作甲手ができるまでには沢山の時間と根気を要しました。




まず、私が新しく甲手を開発しようと思ったキッカケからお話したいと思います。


この仕事を始めて○年。
色々なお客様から「いい甲手ないの?」と言っていただく機会がよくあります。




では“いい甲手”とは…??

そんな疑問を持ったのがことの始まりでした。





私はその疑問を解決すべく、たくさんのお客様から甲手についてのお話を聞きました。


「どんな甲手が良いと感じますか?」

「今の甲手で悪いところはありますか?」

「甲手に関しての体験談を、何でもいいので聞かせてください!」




お客様からそれぞれ感じた、経験してきた甲手に関するお話やご意見をできるだけ沢山いただきました。





◆新品はなじむまで時間がかかり、すごく固いんです
◆甲手をはめると横握りになりやすい
◆初心者や子供に最初に正しい握りを教えても
甲手をはめるとその握りが崩れてしまう
◆手の内にしわがよってしまう
◆痛いかも・・
◆くさい!
◆高い。やっぱり安いは魅力
◆昔の名作の甲手はすばらしかった・・・
◆あそこの名人作はすごかったんだよ・・








沢山のお話を聞く中でわたしは“いい甲手”とはまず、握りやすいこと。
そしてお客様にとって一番握りやすい甲手とは、使いこんだ甲手。
すなわちその使用者によって作られた手の内の型なのではないかと考えました。

つまり、皆さんが言う「新品の甲手は慣れるまで使いにくい」を改善し最初から使いこんだ様な手の内の型ができている甲手があれば、それが“いい甲手”なのではないか。
そう思ったのです!





好奇心とチャレンジ精神だけは人一倍な私は(笑)無謀にも…

『これだけ沢山のお客様の意見を聞けたんだ。それを活かして、そのお客さんのためになるような新しい甲手を
自分で作ってしまえばよいじゃないか!しかも竹島武道具は甲手修理は数え切れない程やってきたんだっできない訳がない!!』

と火がついてしまったわけです。。笑









新しく甲手を開発するにあたって、まずはじめに手の内の型から考え始めました。


色々な甲手をはめては分解し、組み立て、また別の甲手もはめて、分解、組み立て。

この甲手の型だと握ったときどうなのか?

この甲手とこの甲手の違いは?

型はどう違う?





そうして研究に研究を重ね、ひとつの型を完成させました。
第一作目の試作型ですね。



自信満々でその型から甲手を作り。
そして、完成した試作品をワクワク気分で初めてはめてみたところ・・










「あんま良くない。。。」




ガーーーーーン。。。llili ○l ̄L








今思えば当たり前なのですが、そんなに簡単にいい甲手ができるほど、甲手って単純なものではないんですよね。
とってもとっても奥が深いんです。。








とある日、出張先で防具職人さんと会う事がありまして。
実は。。。と相談したところ…

「やめとけ!あっちこっちと不具合が出るぞ、型をいじる事にはやめとけ!できたとしても、作る事側のセンスがないとできんぞ!」

「だがやるからには頑張りなさい。応援しているぞ。」

と、有難いお言葉をいただきまして。
もうこれは最後までやるしかないなと、改めて気合を入れ直し・・・




そこからは、
なにが駄目なんだ?
どこを変えればこの違和感がなくなるんだ?
と、またはめては分解し、型を修正。
分解、修正、分解・・・・


そして時には経験者の方に使用してもらい感想を聞くなどしてあ~でもない、こ~でもない、と。本当に試行錯誤の日々でした。





良いものを作ろうとすればするほど、新しい発見があり、改良点に気づかされる・・。

あーなるほどな・・と目から鱗な発見があったり。
何年防具屋やってんだと、落ち込む日もありました・・・。

でもその発見と少しの微調整が、大きな改良に繋がる。
だからこそ、その「少し」を妥協したくない。


その想いから、完成までに3~4年かかり、それまでの試作品は10作以上。
形になれなかった物を含めれば正直…言えませんけど…(笑)



そして今回ついに完成し発売できること、本当に嬉しく思います。







これからも向上心で、まだまだ進化し続けられるまで
とことんやってみたいです。


もう実はすでに次のアイデアが浮かんでおります。
それが凄く良いのか、みなさんもおーっと言われるのか、別に・・と言われるかのはわかりませんが…
そこに甲手がある限り(笑)
使ってくださるお客様がいる限り。
より良いものを目指してチャレンジしていきたいです!


















そんな経緯、苦労を乗り越えてついにたどり着いた甲手がコチラ


武骨甲手アップ






◆武骨の特徴である3mmと6mmの刺し

3mm特有のコシと6mm特有の柔らかさが両立し、生地に独特の「骨」が生まれます。
その「骨」により、衝撃に強い甲手となっています。





◆右手の握り、人差し指から小指までの角度のこだわり

研究に研究を重ね、「甲手をはめると横握りに…」を改善しました。




◆手首長さ、毛の量、糸締なども吟味

何度も微調整を繰り返し、衝撃に対する安全性と使い易さ(柔らかさ等)のバランスを考えました。





◆右手と左手の手の内の形を微妙に変える

左右それぞれの竹刀の握りに合わせて作ることで、違和感の無い握りをより実感できます。





◆内側にはテトニットを使用

テトニットはポリエステルのような質感ですが、
防臭、速乾に優れ、触り心地の良い柔らかい素材でありながら丈夫です。


型だけでなく生地に関しても色々と悩みました。
昔ながらの木綿や藍染生地などの使用も勿論考えましたが
今の世の中 ○○テックや、色々な生地が進化して作られています。
それを使わない手は無いし、ひょっとしたら凄く良いかもしれない
臭いがつきずらいかも、など
色々な事を考え「チャレンジしなくては!」と思い採用してみました。












気になる発売日は・・・






2月12日(土)
DЁ━━ヾ(о´∀`)/━━SЦ!!





そしてなんと!



Sさんより、
通常販売価格は¥22,000のところ
デビュー価格で ¥20,000で暫くは販売しようと思います。





とのこと!!

v(●′皿v(●′皿`●)v′皿`●)v










































武骨シリーズ 新作甲手!!

2月12日(土)より
デビュー価格 ¥20,000での発売ですっ!!




是非、一度使用してその良さを実感してください!

もちろん、試しにはめてみるだけでも・・という方のご来店も歓迎いたします
ネットでの販売も同時に開始致します






皆様のご来店を心よりお待ちしております
  (*'(ェ)')ρ(* '(ェ)')/ (*'(ェ)')ρ(* '(ェ)')/ (*'(ェ)')ρ







スポンサーサイト
  1. 2011/02/03(木) 10:59:32|
  2. 新商品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

bouguya

Author:bouguya
剣道のお店【竹島武道具】の竹島です!
剣道や武道についてはもちろん
商品のことやお店のこと、地域のことなどを紹介します♪

通信販売やオーダー商品も取り扱っております。
どうぞお気軽にご相談ください!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (34)
新商品 (7)
セール (20)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。